日常生活に影響を与える人

>
この記事をシェアする

病院へ行ってみよう

一般的な方法を知ろう

花粉症で苦しんでいる多くの人は、アレルゲン免疫療法という方法で治療を行っています。
治療といっても手術をする必要はなくT注射器で成分を注入するだけで済むので安心してください。
この方法だと、体質が改善されます。
ですから完治後は、花粉のシーズンも怖くないでしょう。
1週間に1回や2回、通院することになります。

注射を打つだけなので、数分で済みます。
仕事をしている人も、会社に出勤する前や終わった後に行きやすいですね。
長い年月が掛かりますが、花粉症を完全になくせるのはメリットが大きいです。
またアレルゲン免疫療法を受けている7割から8割の人は、効果を得ています。
成功する可能性が高いという部分も、アレルゲン免疫療法が人気の理由です。

副作用に関する説明を受けよう

安全性がたかい部分も、アレルゲン免疫療法が好まれる理由の1つです。
しかし全員に、副作用が起こらないわけではありません。
ごくまれに、アナフィラキシーショックを起こす人もいるので注意してください。
注射を受けてから、30分は安静にして様子を見てください。
30分以内にじんましんや腹痛、嘔吐などの症状が見られたら副作用を起こしています。
症状が重い人は、意識を失うこともあります。

このようなリスクがあることは、忘れないでください。
特に薬品で副作用を起こしたことがある人は医師に前もって伝えて、慎重にアレルゲン免疫療法を行いましょう。
副作用が見られたら、すぐ医師に相談して対応してもらってください。
処置が早ければ、被害が大きくなりません。


Copyright © 辛いシーズンを乗り越えるための花粉症の最新治療法. All Rights Reserved.

TOPへ戻る